どうも、こんにちは。佐藤です。

サラリーマンで副業をする場合、やっぱり一番心配になるのが「会社にバレてしまわないかどうか」というポイントですよね!

私も会社に勤めながら副業を行っているので、やっぱり会社にバレないように気を付けています。

 

注意すべきポイントさえしっかりと分かっていれば、会社にバレてしまうことは、ほとんど無くなりますので、今回は気を付けるべきポイントについて紹介していきたいと思います。

確定申告対策

最もテクニカルな理由でバレる原因となるのが、確定申告です。

これから新たに副業を始めようかと考えている方にとっては、サラリーマンってどうやって確定申告をしたら良いのか不安になりますよね。

 

また、実際に確定申告をしたことがある人であっても、間違って理解しているケースも多いです。

超基本的なことから解説をしていきますので、ここでしっかりと理解を深めていただければと思います!

 

確定申告の詳細についてこちらの記事も参考にされてみてください。

副業いくらまでは確定申告しなくて良い?税金はいくらから発生する?

住民税の支払い方法が重要だった

そもそもですが、確定申告とは、所得税と住民税の申告を行う作業になります。

そして、バレる原因となりやすいのが、所得税の申告時にどのように手続きを行っているかというポイントになります。

 

どのような内容かと言うと、確定申告時に普通徴収 or 特別徴収 を選択する、という項目があります。

初めは私もよく理解をしていなかったのですが、この二択が運命を決めることになります(笑)

 

2つの徴収方法についてまとめると、以下のようになります。

普通徴収 特別徴収
支払方法 自分で納付書の金額に基づいて納付が必要 副業分も含めて給料から天引きされる
役所からの通知の送付先 個人の住所 会社

 

特別徴収の問題点、それは会社に通知書が送られてしまうということです。

そのようなことになれば、なぜこんなに多額の住民税を給与以外で納めているんだ!?この人。

最悪の場合、足がついてしまうということになります。

 

それなので確定申告の際には、必ず「普通徴収」を選択するように気を付けましょう!

 

また、めちゃくちゃレアなケースとしては、役所の担当者が単純な作業ミスをして、普通徴収を選択していたにも関わらず、特別徴収と同じように会社に通知を送ってしまうことがあるようです。

これに関してはもう対策のしようがないので、ミスされないように祈るしかないですね(笑)

ノーリスクノー副業です。

 

個人情報対策

これはどちらかというと、副業を行う過程で個人情報を開示するタイミングあり、意図せずバレてしまうというパターンです。

また、SNSで操作をミスってしまい、副業がバレてしまうケースもあります。

どちらも少し工夫をすれば防げることが多いので、情報漏れ対策を紹介します。

 

個人情報漏れを防ぐ方法

可能な限り実名を使用して副業を行うことを避ける方法があります。

例えば、Gmailなどのフリーメールも、これまでのアカウントとは別に、副業用のアカウントを作成し、目的に応じて使い分けをするようにします。

 

また、商取引法に係る記載などをウェブサイトにどうしても行わなければならない場合には、テキスト情報では掲載しないようにします。

これはほとんどの人が実践している方法になりますが、パワーポイントやExcelで作成したデータをキャプチャーショットを取って画像にしておき、画像を掲載するようにします。

そのようにすることで、Google検索などで個人名がヒットしてしまうことは発生しなくなります。

 

ここで紹介したのはほんの一例ですが、少し工夫をすることで、副業のために自分の個人情報を明かす機会を極力減らすことが可能です。

 

SNSの操作ミスを防ぐ方法

twitterなどのSNSを副業で使用していく場合にありがちなのが、プライベート用のアカウントに間違えて情報発信してしまい、バレてしまうケースです。

これも防ぐための方法がいくつか考えられます。


  1. アイコン画像を設定し、パッと見でどのアカウントか分かるようにしておく
  2. 公開前には必ずアカウントを確認する習慣をつける
  3. facebookなど、公開アカウントのデフォルト設定が可能な場合には設定をしておく

これは私が実際に普段から実践している方法になります。

特に1つ目の対策はかなり効果があります。

副業用のアカウントにはプロフィール画像を設定しないという人も居ます。しかしそれだと、パッと見で現在どのアカウントを開いているのか気づきにくくなってしまいます。

特に目立つ画像などをプロフィール画像に設定しておくことで、かなり区別がつきやすくなるので、オススメです。

 

これだけ気を付けていれば、間違えて発信してしまうようなケースはほとんど起こらなくなります。

 

同僚対策

これが意外にして、実は会社バレに一番繋がりやすいケースです。

副業が好調で儲かってくると、どうしても誰かに自慢したいという思ってしまうのは人の性です。

しかし、グッとこらえてください。

 

それがあなたの足元をひっくり返すような事態に繋がります。

ほぼ同じ金額の給料をもらっている同僚が、あなただけ副業で儲かっていると知ったら、どのように思うと思いますか?

心から喜んで、祝福だけしてくれる、という人はほとんどいないと思います。

 

だいたいは、アイツだけ美味しい思いをしやがって・・・と嫉妬の気持ちが生まれます。

そしてそれは噂になって社内や同僚の間でまわるようになります。

その結果待っていることは・・・もうお分かりですよね。

 

それですので、副業を行っていることは、絶対に会社の人間には話をしてはいけません。

まとめ

それでは最後に今回の重要なポイントを振り返ってみましょう

  1. 確定申告時に、住民税の支払方法では「普通徴収」を選択する
  2. 副業ではSNSアカウントを別で作成し、プライベート用と間違えないように注意が必要である
  3. 副業を行っていることは社内の人間には絶対に話さない

今回の内容は、以上となります。

最後まで読んでいただきまして、ありがとうございました。